詩と朝ごはん

2017-06-04 NEWS

170604_02

毎年好評のグッドモーニング企画。
今年は早々に予約が定員30名に達したため、
出演者と相談して、予約枠をプラス20名、拡大することが決まりました。
この20名が決まり次第、それ以降はキャンセル待ちのご対応となります。
どうぞ、お早めにご予約くださいませ。

/ / /

朝が、湖の上を、ひんやりした空気とともに、訪れる。
柔らかな風を受けて、梢で若葉が、きらきら揺れる。
起きたばかりのキャンプサイト。静まったままの森の会場。
目は覚めたけれど、世界が動き出すにはまだ少し早い、わずかな時間。
やさしい詩と、おいしい朝ごはんとともに、ゆっくりと朝を迎える、ひとときです。

【 詩と朝ごはん 】
▼ 日時|7.30[日] 8:30-9:30 (8:00開場)
▼ 会場|木崎湖キャンプ場
▼ 料金|1,000円(サンドイッチ+スープ)
▼ 定員|50名(予約優先/予約特典あり) *残席3

◉ ご予約方法
▼ 次のメールアドレスに必要事項をご入力の上、ご連絡ください。
・ 送付先|info●sioribi.jp [●→@]
・ 必要事項|お名前/人数/電話番号
▼ 主催者から、確認のお返事をいたします。
▼ 料金は、当日会場にてお支払いいただきます。
▼ 当日参加も可能です。ご予約いただくと、特典がございます。

/ / /

日曜の朝、太陽とともに目が覚めたら、木々の間をくぐり抜け、湖の畔をのんびり散歩。
その先にあるものは、この日にしか食べられない朝ごはんの風景。
スペシャルなサンドウィッチとあたたかなスープを味わいながら、
鳥のさえずりや、風の音、詩の言葉ひとつひとつに耳を傾けたとき、
どんな感覚がそこにあるのでしょう。
(Giving Tree/大沢瑠美)

「ALPS BOOK CAMP」の日曜朝に詩を読んで、これが3度目になります。
すべてが始まる、ほんの少し前の、この1時間半には、他に類を見ない心地よさがあります。
光の色、森の匂い、生きものたちの熱。
すべてが少しずつ表情を変えてゆくその様を、
今年も、この朝のための書き下ろしの詩に込めて、朗読させていただきます。
ぜひ、ご参加ください。
(ウチダゴウ)

/ / /

▼ 大沢瑠美 (おおさわ・るみ)
「Giving tree」主宰、料理家、ヨーガ講師。
毎日の暮らしを、より豊かな気持ちで過ごしてゆくためにできること、
松本を拠点として、自然の恵をいただくお料理や天然酵母パン作り、
トラディショナルなハタヨーガを伝えるクラスを行う。
2016年より「「県立こども場合病院」で
付き添いご家族のためのランチボックスのプロジェクトに参加。
料理を担当している。
「つくる、つたえる、よりそう」これらのことを大切に活動中。

ウチダゴウ
1983年、広島生。詩とデザインのアトリエ「してきなしごと」代表。
詩の執筆・詩集出版だけでなく、紙雑貨から衣類まで、詩の独創的な商品化を手がける。
全国各地で、個展・朗読会を開催・出演。
近年では、英国・スコットランドを拠点に、欧州での個展・朗読活動を続けている。